【ANA ミリオンマイラープログラム】月まで行ける ミリオンマイラー 修行の難易度 よく考えると凄すぎる

f:id:satohaya0615:20180924224602p:plain

 ANAホームページより

 

目次

 

はじめに

 おそらくこの記事を読んでいる皆さんが気になっているであろうミリオンマイラーの称号について、私もちょっと気になったので調べてみることにしました。

 

 

ミリオンマイラーとは

ミリオンマイラープログラムについてANAはホームページで以下のように説明しています。

 

 ANAマイレージクラブご入会からの総飛行距離“ライフタイムマイル”の実績により、
生涯にわたって特別なお客様としておもてなしする、「ミリオンマイラープログラム」をご用意しております。
いままでも、これからも、ANAとお過ごしいただく時間に感謝を込めて。

 

つまり、自社の便をたくさん利用してくれる顧客に対して感謝するとともに、特別な扱いをさせていただきます。ということですね。

 

 

ミリオンマイラーになることによるメリット

 ミリオンマイラーの特典を簡単に紹介します。

特典1.マイルの有効期限が無期限に(100万マイル以上)

マイルの有効期限は通常3年ですが、100万マイルを達成すると有効期限が撤廃されます。有効期限を気にせずマイルを貯めまくることができます。 

特典2.SFCカードの申し込み権利をゲット(100万マイル以上)

 100万マイルを達成すると、プラチナ会員以上であれば申込可能なSFCカードを申し込むことができるようになります。ですがミリオンマイラーはすでにプラチナかダイアモンド会員になっていると思われますので、大きなメリットとは言えないかもしれません。

特典3.ANAスイートラウンジが利用可能(200万マイル以上)

 200万マイルを達成すると最高級のラウンジであるANAスイートラウンジを使うことができるようになります。

 

ミリオンマイラーになるためには

 ミリオンマイラーになるためには、LT(ライフタイム)マイルを100万マイルためることが必要条件となります。LTマイルとは純粋に自分が飛行機で移動した距離の合計です。予約クラスや座席のクラスは関係ありません。また、ミリオンマイラープログラムには5つの称号があります。

ANA+パートナー航空会社ライフタイムマイル(50万マイル)

このプログラムの中で最もとりやすい称号です。ANA運行便と、スターアライアンスに加盟している航空会社やANA提携会社の合計飛行距離が50万マイルになると称号ゲットとなります。しかし特典はありません。カッコいいキーホルダーのみです。

ANAライフタイムマイル(50,100,200,300万マイル)

こちらはANA運行便によるマイルのみが加算されます。ANA以外のスターアライアンス加盟航空会社では加算されません。こちらは素晴らしい特典が満載です。

 

月まで行けちゃう!

 ミリオンは100万を意味するので、ミリオンマイラーになるためにはとにかく飛行機で100万マイル移動しなくてはなりません。それがどれだけ大変なことであるかを知るために、100万マイルはどのくらいの距離であるか考えてみましょう。

地球一周は約4万キロメートル(約21600マイル)

1マイル(海里)1.85キロメートルとすると、地球一周(赤道一周)は約21600マイルです。つまりミリオンマイラーになるためには100万マイル÷1周あたり2.16万マイル=46周

月までは約38万キロメートル(約20.5万マイル)

 地球から月までの距離は約20.5万マイル、往復で約41万マイルなので100万マイル÷1往復あたり41万マイル=2.4往復

300万マイラーなら単純にこれの3倍

単純に計算して、300万マイラーは地球を約138周、地球と月を7.2往復していることになります。宇宙飛行士顔負けですね。凄すぎる。

 

結論

ミリオンマイラーはヤバい。

以上